自己破産 家 手放す

借金問題の解決は無料相談で

MENU

自己破産で家を手放すとき

自己破産をすると、家や20万円以上の価値のある車、宝石類など現金に換えられるものは差し押さえになります。
家を処分するというのは、なかなか気持ちが追い付かないと思います。

 

しかし、自分の意志で売却する任意売却と差し押さえられて売却される競売とでは全然売値が変わります。自己破産をする前に自分の意志で任意売却することをお勧めします。

 

・競売にかけられて、知らない人に落札される。
競売は差し押さえられた不動産をオークションで販売するものです。競売で家を買うのは不動産ブローカーが多く、任意売却よりもかなり安く売られてしまいます。

 

しかし場合によっては、共有名義者である家族が落札したり、親戚に落札してもらうことがあります。この場合は住宅ローンの残りよりも低い金額で買いなおすことができます。
しかしこれも、お金がないとなかなか難しいですね。

 

手放す

 

自分で買いなおすお金が用意できないのなら、やはり競売で売られてしまう前に任意売却を行いましょう。
今は任意売却を一括査定できるサイトもありますので、利用してみましょう。