自己破産 連帯保証人

借金問題の解決は無料相談で

MENU

自己破産と連帯保証人

 

自己破産のデメリットとして、他人に迷惑をかけるものが連帯保証人制度です。
多額のお金を借りる際に、連帯保証人を立てるように言われることがあります。あなたの保証人になってくれる人というのは、親族だったり親しい友人だったりするわけです。
さらに言えばあなたを信用して連帯保証人になってくれた人です。

 

もしあなたが自己破産をして借金が帳消しになったとしても、その債務は連帯保証人に移行するだけでその人が返済を迫られることになるのです。
自己破産は破産を申し立てた本人にしか効力がありません。連帯保証人は一括での返済を迫られることがあります。

 

連帯保証人を立てた場合の自己破産はアナタだけの問題ではありませんので、必ず状況を説明して謝罪をしてその後について話し合いましょう。
自己破産の連帯保証人になった人が、同じく自己破産するなんていうケースも増えています。自分が作ったわけではない借金なのに自己破産なんて、本当に辛いです。しかも、信用していた人のせいで自分の人生が大きく変わってしまうのですからいたたまれませんね。

 

自己破産

 

友達に「連帯保証人になってほしい。迷惑はかけないから」と言われた場合、安易に保証人になってはいけません。よく考えて、その人が返せなくなったら代わりに返してあげるほど恩義があるのか、もしかしたら現金を渡して縁を切った方が自分のためになるのかなど熟考しましょう。